記事復旧! アニメ・ゲーム・漫画等、割とマニアックなジャンルとして分類される記事を中心に書いていきます。

暇人の戯言

ローゼンメイデン7巻読みました | main | カレイドスター ぐっどだよ!ぐぅーっど!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
終わったアニメについて③
×××HOLiC。
四月一日君が非常にうざかったこのアニメですが、最後のほうでは割と慣れましたか。
モコナ、モロ、マルなどのちっこいキャラの方が印象に残りました。

うたわれるもの。
最終決戦がないに等しいのはいいとしても、最後のエルルゥの振り返り方には違和感を感じた。
というか、ディーとハクオロがまともに戦うと、本当に大怪獣決戦になってしまうのね。
全体を通してみると、前半がかなりよかったのに対し、後半がちょっと悪く感じたかな。原画などの質は他のアニメに比べると高いんだけれども、ストーリー構成の問題だろうか。
尻上がりの作品の方が、後世に評価されやすいのかもしれませんね。その点がもったいない。

となグラ。
Hなことが嫌いな女の子とHなことが大好きな男の子との恋模様でした。
勿論、その2人は子供の頃から両想いでしたと…。
香月は色々忘れてたみたいですが、まぁ良しとしましょう。
全体としてはそこまで楽しめませんでした。
お色気メインになりがちなこのアニメですが、正直こういう系統のアニメは最近においては好きではありません。
なんかお色気出してればいいんじゃないみたいなアニメが多いのも事実で、この作品においては話の性質上しょうがないのですが、安売りはやめて欲しいですね。

まもって!ロリポップ
題名が意味不明でしたが、とりあえず小学生くらいの女の子向けアニメが1クールで終わるのって珍しいんじゃないですか?
そういうことしか考えられませんでした。男の子のネーミングセンスは個人的に好きでした。

エア・ギア
やっぱり途中で終わるよね。
仕方ないわけなんですけど、一応最後まで行って欲しかったかと。
最近は連載中の作品をアニメ化することが多いですけど、こういう結果になることも多いです。それは何か販売促進効果を狙っているようにしか見えなくて残念です。
某黒猫アニメみたいに、原作終わってから、構成を推敲してうまくまとめた方が、評価は上がると思うんだけれどな。黒猫のアニメは漫画よりも楽しめましたが何か?
で、肝心の本編ですが、イッキが日本の総長(?)になろうと関西へ進出したところで終わってしまいました。
全般に微妙だったのは声。
まぁシムカの声はキャラにあってエロかったのはいいとして(田中理恵さんらしい演技でした)、他はなんか脇役の方が名前売れてるんじゃ?って人が多かったのが微妙でした。

ひぐらしのなく頃に
色々全般に提供シーンや表現などで工夫しようとしているのには好感が持てましたが、ストーリーを知っている身としては、あんまり見たいとは想わないものですね、この話に関しては。
まず、圭一のレナ・魅音撲殺シーンなどは骨が砕ける様などが生々しく描かれていますし、レナの鉄平たち殺害シーンも、顔が潰れて歯がボロボロだったり、頭が真っ二つに割れたりと、かなり生々しかったです。
まぁー、楽しめる作品ではあると思いますが、心臓の弱い方はやめておいたほうが良いかもw

いぬかみっ!
やっぱり最後の最後まで男の裸アニメなんですね。
啓太は可愛いというか、ただのエッチな男ではないというところには好感が持てます。
個人的には、千葉繁さんの声が聞けただけでこのアニメの価値は大きいんですが(すっげぇ主観的w)、豪華な声優も使い、面白いエンディングドット絵も作り、ふざけた18話のエンディングも作り…といった感じで楽しめる作品ではありました。
個人的に好きなキャラは…いません。
後、私は変態話は別に好きじゃないって言うのが…厳しいところかなぁ。

ストパニ。
2つ上のエントリーで、ストパニの最終回で笑ってしまったという話を書いていると思いますが、この話は全般に笑ってばっかりだった気がします。
昨日友達の家で、第1話を見直したところ、なんかすっげぇ萌えました。
なんで最後はあんなに笑えるのに、最初は萌えるんだろう?分かりません。
最初の方は謎のエトワール様の魅力やらなんやらに魅せられてしまったからでしょう。
途中からガチレズ話に展開し、女同士でキスしたり裸で抱き合ったり風呂のシーンが出てきたりというのがデフォになってからは、本当に笑えてしょうがないアニメになってしまいましたが、個人的なアニメの楽しみ方からするとその転向ぶりも嫌いではありません。
私にはアニメにおいて2通りの楽しみ方があって、1つは純粋にアニメのストーリーや声、展開などを楽しむもの。
もう1つは、現実にはありえないようなことや、見るに耐えないひどいアニメを見て、そのありえなさやひどさを楽しむというものです。
ガチレズの学園なんてものは、現実の世界には考えづらい。だからこそ楽しめたのかもしれません。
しかし、それにしても最後のエトワール様の感情だけは分からない。
やっぱり諦め切れなかったのか、花織のことを忘れることができないけれど、渚砂のことがやっぱり好きだと気づいたのか。先週までのフリはなんだったのか?色々思うところはあります。
ついでに一言。この作品において、中島沙樹さんのファンになりそうです。

ちょこっとSisterについて書こうと思ったんですが、なんとこれ1クールではないのですね。少なくとも2クール以上あります。HPで見ると、24話か…。
DVD特典でネコにゃんダンスが付いてくるとか、斉藤桃子さんが踊るとか、色々情報があって待ち遠しいですね(絶対買わないと思いますけれど。


総括
今期は色々楽しませてくれてありがとう。
特に最後の最後でストパニ。
来期にも期待。
スポンサーサイト
| アニメ | 16:20 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする













管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://biteonthebullet.blog18.fc2.com/tb.php/154-fe6a34cb
トラックバック
| ホーム |

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE

Author:めがねくん
Author:めがねくんめがねくんは普段めがねをかけていません。
運動が大好きです。でもゲーム、マンガ、アニメも好きです。
暇人と銘打っていますが、最近めっぽう暇人ではありません。orz
なにか連絡事項がある場合は
kanjihiraganajp@msn.comまでお願いします。
(スパムメール防止のため、@を大文字にしております。実際にメールされる際は@を小文字にしてください)
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。