記事復旧! アニメ・ゲーム・漫画等、割とマニアックなジャンルとして分類される記事を中心に書いていきます。

暇人の戯言

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
マリア様がみてる キラキラまわる
フラゲして数日前までに読んでいたのですが、今日じっくり読み返して思ったことを書いてみます。

①そりゃないよ由乃さん
由乃さん、遊園地が楽しみなのは分かるけども、何をやっていらっしゃるんだろう。
もちろん令が不機嫌なのは、遅刻したことよりも、菜々が来るかどうかを教えてくれなかったからという方が正確なんですが、由乃さんは勝手に勘違いした挙げ句暴走なさったからね。あの暴走っぷりがたまらない方もいるかもしれませんが、これはダメだよ由乃さん。

②祐巳は柏木に対してだけツンデレ?ツンツン?
私個人的には、祐巳と柏木の会話って好きなんですけど、なんか読んでるとどうにも祐巳は柏木に対してツンデレなのではないかと思ってしまいます。
嫌いだ嫌いだとはいうものの、助言を受け、それが正しいと分かってしまい、それでも認めたくない。んーどうなんだろう。この二人結構面白いと思うんだけど

③ずいぶんと弾けていらっしゃる可南子さんと余り目立たない瞳子さん
可南子さんは遊園地でキャラクター物の帽子をかぶったり、肩からポップコーンの入った容器を提げていたりと随分弾けていらっしゃる様子。役目がなくなり出番もなくなるかと思いきや、瞳・可南で復活でしょうか。
一方、瞳子の服装が可愛いですね。最後の挿絵だったとおもうのですが、ショートパンツにニーソックスときました。祐巳に対して拗ねる瞳子も可愛いのですが、ホントの所を言うと瞳子がデレる所をもっと見たかった。次回作は卒業式がきっとメインになると思うので、次々回作あたりに瞳子と祐巳の会話をもっと見たい気はします。まぁ・・・目前に迫った由乃の妹問題に加え、乃梨子や瞳子も妹問題が噴出するかもしれないので、描かれることは少なくなるかもしれませんが。可南子も妹を持つ意志があるといってたけど、その辺も描くのか描かないのか。

④この巻のヒロインは蔦子さんじゃないか?
蔦子さんが可愛かったです。蔦子さんもいろいろ考えるところがあるんだなと思いますが、一番目立ったのは蔦子・笙子のペアでしょう。ロサ・カメラだとか、真美さんと併せてロサ・パパラッチだとか、ロサ・メガネだとかロサ・ツターコだとか色々と呼称がありましたが、カメラ以外の所にももっと自信をもって良いと思います。

⑤志摩子さん・・・
後付設定と文句を言ってる人もいると思いますが、薔薇のミルフィーユで志摩子さんの兄が初めて現れたときに、聖様が乃梨子に向かって「でも、血はつながっているはずだよ」と発言をしていたように思います。あれは志摩子の兄と解説しながらも、「血はつながっているはず」という微妙な表現に留めている。もしかしたら聖様も詳しいことは知らなくて、うすうす感づいていただけなのかもしれませんが、何でも知ってる聖様がまた出たのかなと。そしてこれは当時からの伏線だったのかなとも考えています。
まぁ今回で乃梨子に話す志摩子の態度を見ると、別に秘密にしてたわけでもなんでもないので、聖様が知っていること自体は全くおかしくないのですけどね。


とりあえずは以上ですね。
また何か思いついたり間違いに気づいた場合、修正なり加筆なりしたいと思います。

私自身マリみてのメンバーで誰が良いと思うのかという質問を受けた場合、返答に窮してしまうのですが、少なくとも女性陣トップ5は決まっています。その中で順番をつけろと言われると無理ですが。
その5人というのは、志摩子さん、乃梨子、瞳子、真美さん、蔦子さんなのです。あ、男性含めて良いのなら柏木さんがその中に割って入りますけど。
どーでもいい話でした、ごめんなさい。

来年もこんなマニアックなブログですがよろしくお願いします><
スポンサーサイト
| ライトノベル | 01:36 | トラックバック:0コメント:0
マリみて百合輪物語
マリみて大好きな私ですが、ニコニコ動画を見てるとついついマリみてネタに反応してしまいます。
昨日の深夜、偶然見つけた「マリみて百合輪物語」というものがあるのですが、個人的にとっても気に入っているので、貼ってみようかと思いました。


これだw
普段はマリみてを読んでカップリングを考えることなんてないんですけど、強いて考えるなら…
個人的には瞳子と乃梨子の1年生コンビが好きなので、百合ならば乃梨子×瞳子のカップリングを考えてしまいます。
だからといってこの動画の場面でまともに語り合おうとは思いませんが、この作者は多分マリみてが好きなんですね。

私は別にマリみてに登場の男性が要らないと思ってないどころか、柏木さんはあの話の中でかなり好きなキャラなので、普通のカップリングに限定すれば柏木×祐巳とかが良いですね。祐麒×瞳子とかもありな気はします。

ニコ動の中のマリみてといえば秀逸なのが組曲『マリア様がみてる』

原作で言う11巻(アニメでいう第二期マリア様がみてる~春~最終話)までの出来事を原作の時系列順に並べています。これは本当に上手い。(原作の時系列順であるため、「長き夜の」の話が割と前の方に来ています)

あと6日でマリみての最新刊「キラキラまわる」が発売のため、ついつい記事にしてしまいました。
・祥子様がしていることは何か→免許か?
・隠し芸を1年生がやったのは→差し入れを持ってきたときの聖様の入知恵?
・遊園地には誰がいくのか→祐巳・祥子・祐麒・優の4人は確実?
右側は予想ですが…、この辺は明かされるんじゃないでしょうかね。

ちゅーか、瞳子が妹になった時期が悪かったにしろ、瞳子はもっと祐巳に甘えて欲しいところです。そりゃ卒業前ですから、気を使うでしょうけど…。
| ニコニコ動画 | 20:01 | トラックバック:0コメント:0
イリヤの空、UFOの夏(全6話中4話まで)
電撃文庫、秋山瑞人氏の作品(絵:こつえー)が2年ほど前にOVA化されましたが、とりあえず4話まで見たので少し記事にしたいと思います。
電撃文庫では確か全4巻、そしてOVAでは全6話だったと思います。

OVAでは原作の描写が多少省かれつつも、小説を読んだことがある人にとってはわかりやすく、そして工夫しながら作られていると思います。
個人的には小説ではイメージしにくかったマイムマイムを踊るシーンなどは、やはり映像化されたら情報量が増えてわかりやすいです。

物語は、3話まではほとんど鬱展開もないに等しいでしょう。そして、4話の「鉄人定食」あたりが絶頂期ですかね。そこからは鬱展開になっていきます。

ちゅーか、私は小説全4巻読みましたけど、第2巻までは何度でも読み直すんですよ。でも、第3巻からはなかなか手が進まない。秋山さんは勢いのある書き方をされますので、モロに感情が伝わってくるような気になるのです、あれは上手い書き方ですね。

というわけで、一般にセカイ系とか鬱作品とか言われているのですが、サイカノとか好きな人には受けるかもしれません。
スタッフの横手美智子さんはとても有名な脚本家ですし、倉嶋丈康さんも有名な絵描きさんです。倉嶋さんは、Canvas2の追加キャラである竹内麻巳・藤浪朋子の原画マンでもあるらしいです。スクールデイズにも関わっているとか。そういえば、伊理野と晶穂のケンカはまるで言葉と世界のようでしたねw


ちなみに良い作品だとは思いますが、先の展開を知っているだけに、5話6話を見ようという気がなかなか起こらなくて、しり込みをしています。
| アニメ | 18:41 | トラックバック:0コメント:2
AYAKASHI
2008年春アニメのAYAKASHIがAT-Xで先行放送された。
AYAKASHIについて軽く補足を入れておくと、原作はCROSSNETという会社が出した18禁ゲームである。
それをアニメ化したというわけだ。
昨今よく見られるエロゲ原作アニメという奴ですね。

アニメーション制作は東京キッズという会社。
セイントビースト、マジカノ、学園へヴン、ギャラリーフェイクなどの制作を担当したことがあるらしい。マジカノは友達が大好きだったですね。私はギャラリーフェイクが大好きでした。
ちなみに私はこのゲームをしたことがありませんので予備知識なしです。

まず、第1話。
OPは嫌いではない。
本編は…なにやら血が沢山出るアニメですね。
よくストーリーがつかめないが、主人公はちょっといい加減気味な奴で、特別な力を持っている。血を異様に怖がる。「和泉」という少女が何かのトラウマになっている?
そして、その特別な力に目をつけたいかにも悪役って奴が襲ってくると。
…本編とは関係ないけども、ヤクザの鼻、スパッと斬りじゃないですか。えぐいえぐい。
ED…、直感的になんだか違和感。
エンディングで主人公の表情を豊かにするとこんなに違和感があるものなのかと。
どうにも伝えたいことがあるのだけども伝わってこないエンディングに感じてしまう。なんだろう、MADの延長線みたいな感じに受け取ってしまう。
エンディングは素直に静止画の組み合わせ+αくらいに抑えておいた方が良いということでしょうか。自己主張が強すぎる。

第2話
なんと「和泉」という少女が死んだ原因は主人公の悠にあるようです。
で、ちょえええええ?まだえぐくなるんですか?
通行人多数腹で胴体真っ二つ。
これは違う意味で18禁だろ。
ついに主人公がAYAKASHIに目覚めたようです。

総括
どうやら色んな能力を持つAYAKASHIを用いて戦っていくアニメと予想される。
キャストを見れば分かるんだけど、岸尾だいすけ、水樹奈々、松来未祐、清水愛、野川さくら、杉田智和、雪野五月…とキャストは結構豪華なんですよ。だから声で違和感を感じることは基本的にないといえます。
内容は…ともかく18禁。地上波ではそのまんま放送できるのか?修正入るんじゃないのか?というか、どの地上波がやるんよ(現在チバテレビ、サンテレビ、tvk、テレ玉、東京MX、テレビ愛知で放送予定みたいです)という感じですね。ともかく残酷シーンがある。
で、面白いかといわれると…世間一般には受けない気がする。作品の内容からして暗いし、一部のコアなファンは生まれそうだけど、それ以外はどうかな~っていう状況。
個人的には、ネタアニメ臭がしているので(コミカルになるとか作画崩壊という意味ではなく人気が出ないという意味)、多分見続けることになると思う。
| アニメ | 01:30 | トラックバック:1コメント:0
| ホーム |

11 | 2007/12 | 01
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE

Author:めがねくん
Author:めがねくんめがねくんは普段めがねをかけていません。
運動が大好きです。でもゲーム、マンガ、アニメも好きです。
暇人と銘打っていますが、最近めっぽう暇人ではありません。orz
なにか連絡事項がある場合は
kanjihiraganajp@msn.comまでお願いします。
(スパムメール防止のため、@を大文字にしております。実際にメールされる際は@を小文字にしてください)
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。