記事復旧! アニメ・ゲーム・漫画等、割とマニアックなジャンルとして分類される記事を中心に書いていきます。

暇人の戯言

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ホワルバ2話について書いてみる
ホワルバ2話はまぁいらいらすることなく見られたかなという印象

とりあえず叫びたいこと。
マナはまだか~~~~~!
原作だと割と早めに家庭教師のバイトが入ってって感じだったと思うのだけど。

今回は主人公にイライラすることがなかったのですが
・理奈に冬弥のことを話したっぽい由綺
なんだろう、曲発売するまでしばらく冬弥と会わない約束でもしたんでしょうか?それとも単に紹介するってだけの話だろうか。
そして理奈の「電話番号教えて」
何だろう、取っちゃうのか?ビンタか?ビンタなのか?
・はるかや美咲にもフラグをばらまいていました。次回でははるかの話を消化するんですかね。

原作の話をすると、私はマナ派ですが、ストーリー的には理奈が一番いいなぁと思うのですよ。
由綺は、純情で性格もいい子、一途なんだけど、行動にストレートさがないんだろうかな。
少しネタばれになるかも知れませんが、原作での話

マナは(確か)元日に家の前で冬弥の帰りを待っている。そして風邪をひいて…って感じ
理奈は(確か)冬弥の家に偽名を使ってまでバレンタインチョコを贈る。由綺が冬弥のバイト先に預けるのとは対照的と思う。



あと、彰と冬弥で芸能関係の対応の慣れの差が出ていましたね。
経験によるものなのか、性格によるものなのか知りませんが、キャラとしての差が出ていました。
彰の方が良い奴なんですが、気を遣いすぎて悪役化する典型例の気がします。

短めですが、こういう話。ひさしぶりにゲームをやろうかという気は特に起こりません。
スポンサーサイト
| アニメ | 12:04 | トラックバック:0コメント:0
久しぶりに更新します。
あけましておめでとうございます。
しばらく放置気味ですみません、自分では分かっていたことですが、仕事が忙しくて特に更新もできないまま数ヶ月経ってしまいました。
なんかこう、新たな作品が始まるたびにしか文章を書いてないような気がします。

さて、今回はとりあえず視聴したマリみて4期第1話とホワイトアルバム第1話について書きたいと思います。

まずは短そうなホワイトアルバム第1話から。

このブログでも過去に取り上げていたように、私はホワイトアルバムというゲームが好きで、かつそのエンディング曲であるPowder Snowも大好きなのです。

まぁ当然アニメ化されるわけで、曲とか総とっかえだろうなぁとは思っていました。
案の定曲は変わっていた訳ですが、それはまぁいい。

絵。
現実風にアレンジされているけど、正直過去作品を知っているからだと思うが気持ち悪い。

冬弥、原作よりも圧倒的にやな奴になってません?原作は少なくともただのヘタレ+αくらいに思うのですが今回のあれじゃただの嫌な奴です。
彰、完全にウザキャラですやん。声が阪口さんなのがまた微妙に春原を想起させてしまうのですが、ちょっとなぁ。美咲さん好きなのは分かったからちょっと自重しろと。
由綺、なんだかなぁ。これは声が平野なせいだろう。声に慣れれば何とかなると思います。
理奈はまぁ普通なんでしょうかね。
美咲さん、何か暗いっすよ。もうチョイおとぼけキャラじゃなかったっけか。
はるか、何かなぁ…得体の知らない違和感があります。
ま、私はマナ派なので、戸松さんの演技に期待いたしましょう。

冬弥に関してなんですが、絶対制作側狙ってますな。ウザキャラづくり。これはちょっとひどい。
見るにはなかなか厳しい作品になりました。
なかなかに見るのを推奨できない作品でして、私にしては珍しいです。
大まかなストーリー展開を知っている作品に関してはちょっと厳しい評価を下すことは多いですが、1話でここまで酷評するのも久しぶりです。


マリみて4期第1話
作画をOVA風にしてきましたね。
最初に言いたいことはまずOPのセリフ。やっぱり1期のころとは植田さんの声が多少違ってしまっている。祐巳が落ち着いてきたからそれに合わせてってことも考えられるんですが、どっちでしょうね。
さて、OP。魔法少女マジカル志摩子…じゃないんだけど(というか使ったのは祐巳だが)
OP.jpg
それを見た1年生たちもそりゃ驚くわ…。
1nennsei.jpg

本編Aパート
まぁ第1話らしく、人物紹介から入ります。第2期と同じですね。というのは、やはりOVAのような既知の人だけが見るものではなく地上波ですので、親切設計です。

タイトルコール
marimite4-01_title.jpg
学園祭はショック~2だそうです。

話の筋としては、祐巳がとりかえばや物語において、隣の花寺学院の生徒会長・祐巳の弟と二人で主役をすることになりましたってことです。
(ちなみに、OVAと今回で、可南子の男嫌いのところのセリフ変えてますが、整合性のためでしょうかね)
あとは、可南子の男嫌い、祐巳と祥子の姉妹1周年間近で記念日どうする?といった話題です。

Bパート
瞳子が演劇部の芝居を降板とのこと。
さて、それを説得する祐巳。
薔薇の館の前で通せんぼしている祐巳を見た時の瞳子の顔が可愛いんだ。
toukokomatta.jpg
まぁそれはともかくとして、説得に負けて
toukodere.jpg
デレる瞳子であった。
というわけで、瞳子の降板問題は解決。
学園祭は明日に迫るという状況の中、可南子の手元には余ったチケットが2枚。

これで第1話は終了するのでした。

エンディング
何枚かキャプ絵を貼ってみる。
紅薔薇姉妹と瞳子
benibara.jpg
白薔薇姉妹
sirobara.jpg
黄薔薇がないのは私が嫌いというわけではなくて、単にキャプしづらかったからなんです。ごめんなさい><
なんとなくすれ違っているように見える祐巳と瞳子。
yumitouko.jpg
俯いている瞳子とそれを見つめる祐巳。
toukoutumuku.jpgyumimitumeru.jpg
最終的には手を繋いでますよ。これは「あなたを探しに」までやる気か?2クールいるけどw
yumitouko2.jpg
そんな感じのエンディングでした。

次回予告
またいろいろ騒動が起きそうな感じでした。
「特別でないただの一日」
このキャプ絵はおまけです。
omake.jpg
…あ、これ瞳子ですよ?
| アニメ | 21:42 | トラックバック:0コメント:0
魍魎です。
「魍魎の匣」見ました。
っても、主要人物はまだまだ出てこず、加菜子と頼子の2人舞台でしたね。
オリジナルストーリーもいいな。
でだ、私が今住んでんのが武蔵小金井なのだが…もろ舞台じゃないか。
加菜子が死にかける駅も武蔵小金井なのです。まぁ原作からそうだけど。

声優ですが、事前情報なしに見ました。
間違えまくりwwww
男性声優はいいんです。
檜山さんと小山さんはすぐわかったので。
木場役はもともと知りません。たぶん。

女性声優。
結構自信あったのに間違えた。
確かにところどころ違うかなぁとも思った節はあったのですが、
頼子役…
戸松遥かよ!名塚さんじゃないのか!
ナレーション的な声が名塚さんそっくりだったので完全に勘違いしてしまった。もう駄目だこの耳。
加菜子役の高橋美佳子さんは、これはもうさっぱり分かりませんでした。
途中「沢城さん?いや、違うな…誰だ」的な感想を持ったくらいで。


ストーリー。
一見さんには何のことやらわからんのではないか?
OP…まぁいいじゃん。まぁ京極作品と言えば陰陽座だと個人的には思うんだけど、ナイトメアかぁ。
ED…エロい(嘘ですごめんなさい)。まぁ…猟奇作品とは言わんけどこういう怖さもいいかなぁと思う。
| アニメ | 21:20 | トラックバック:0コメント:0
先期のアニメとか
ご無沙汰です。
ブログタイトルは暇人の戯言となっておりますが、社会人となってから、全く暇人ではありません。
たぶんしばらくはアニメを見れないので、更新頻度は目を覆うようなひどさになるかもしれません。

まず、前期に見ていたのがアヤカシ、絶望、ハヤテの3つとなりました。
アヤカシは以前に書いたと思いますが、ツッコミどころ満載の私好みアニメでした。

絶望ですが、基本マンガのまま+αというイメージで見ておりました。
マンガに声がつくと、かなり雰囲気が変わるものです。まぁ、ラスト2話見てないんですけどね。

ハヤテ
こいつはいいパロディアニメでした。パロディ的なところで楽しむ作品だなぁと感じます。
絶望と同様に、ラスト3話が見れてません。


おまけ
マリみて最新刊が発売されたようですが、忙しさにかまけてまだ読んでません。できるだけ早期に読みたいものです。
| アニメ | 11:29 | トラックバック:0コメント:0
こはるびよりPart3
AT-Xで先行放送のこはるびよりPart3。たぶん最終巻ですかね。
なんと!月草さんが重い腰を上げ、AT-Xに加入してくれました。
今回も3話構成ながら、8・9話は一続きの話と言っていいので実質2話構成かなとも思います。

さて、第7話。
「お姉様・・・へぇ?・・・」
ゆいが誰かとぶつかって、体がバラバラになるお話。
そして、ぶつかった誰かに話しかけられる
「ちょっと、アホ毛が曲がっていてよ?」(CV:伊藤美紀)
祥wwww子wwww様wwww

どこぞの高校に全キャラが集合しているような設定。ちなみに学園名は「聖○×学園」
それなら走るんじゃない!スカートのプリーツは乱すんじゃない!白いセーラーカラーも翻すんじゃない!ゆっくり歩きなさい!
ゆいはロボットなので、ばれないように冷や冷やしてるわけですが、特徴を示すものがスカートの中にある為、スカートをめくりあげていたところ、目撃されます。
で、トイレに連れ込まれ、追求されます。
「あなた、スカートをめくって…おっふぁっひぃー していらしたわね」と
おっぱっぴーじゃさすがに意味分からないので言い直してました。
「オ●ニー」
残念それは勘違いだ。

そこに祥子様(笑)の声が聞こえ、この話は終わります。
トイレには紅薔薇・黄薔薇・白薔薇(ピンクっぽい?)の3本が置いてありますね。
そして祥子様(笑)は「お姉様」と呼ばれる。そして挨拶は「ごきげんよう」なんだこのアニメw

電気の授業の先生の服装が、おねティのみずほ先生の服装に似てますね。
おねティはもうすぐAT-Xで放送されますので乞うご期待!私はチャンネルNECOで見ましたけどw
そしてタコ神様はお約束。
だがなぜ服が溶けるw

保健室でも変態から祥子様(笑)に助けてもらったゆい。
キスを迫られ…

ログアウトした。
なんと、今までのこれはネトゲであったらしい。では祥子様(笑)は誰か?
決まっている、村瀬(ご主人様)である。
そーゆーオチ。

第8話
「私の大事な…」
ご主人様が真面目に働きだしたと思ったら、女の影が…。
それを目の当たりにしたゆいが倒れてしまうというお話。
そして、ゆいは目を覚まさない。
どこにも異常が無いはずなのに。

第9話
「こはるびよりですね」
ゆいが目を覚まさないので、みんなに元気がない。
村瀬は服を作りながらゆいにつきそう。

のだが…実はゆいはもう目を覚ましていた。
あまりにも状況が深刻そうなので起きるに起きれなくなっていたのだった。起きろよ!

そこへ村瀬の側にいた女が現れる。
そういうわけでゆいが起きあがるのですが、この女の正体、実は、店長さんです。

村瀬と店長、新型のメイドロボの機能や衣装の相談をしていたらしいです。
というわけで大団円。ちょっと強引なw

しんみりしたリズムにちょっとおかしい歌詞。
銀杏の舞う、そして紅葉の舞う下で
「今日は、こはるびよりですね」

Fin


あ~ちなみに勘違いしてる人がいるかは分かりませんが、小春日和ってのは春のことではないです。
春のように日差しがうららかって感じなんで10月くらいですかね。ともかく秋くらいだと思います。たぶん。うろ覚えなのが辛い。

今回のこはるびよりは割と露出少なめでしたね。パンツ?そんなの当たり前すぎて何も感じなかったさ。
しんみりと良い感じで締めた感があります。
お約束を守りつつ、きちっと締めたという点では頑張ってるのかなぁと思います。
童夢、キャベツの失態を「みなみけ(1期)」と「こはるびより」でカバーしたなぁ。

んで、前回からまほろさん・マルチなどを出したり、今回も祥子様出したりだけど、いいのか?w
ま、あくまで「まほろさんのそっくりさん」「マルチのそっくりさん」「祥子様のそっくりさん」ではあるんだけどねw
| アニメ | 10:42 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
PROFILE

Author:めがねくん
Author:めがねくんめがねくんは普段めがねをかけていません。
運動が大好きです。でもゲーム、マンガ、アニメも好きです。
暇人と銘打っていますが、最近めっぽう暇人ではありません。orz
なにか連絡事項がある場合は
kanjihiraganajp@msn.comまでお願いします。
(スパムメール防止のため、@を大文字にしております。実際にメールされる際は@を小文字にしてください)
RECOMMEND
  • SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    LINKS
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。